TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


爽快倶楽部編集部


第四十六回 ラブユー東京 (昭和41年)(1966)
作詞:上原尚作 作曲/中川博之 歌:黒沢明とロス・プリモス

いわゆるムード歌謡なるものがテレビ、ラジオをから消えて久しい。かっては和田弘とマヒナスターズ、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、ロス・インディオス、森雄二とサザンクロス、敏いとうとハッピー&ブルー、平和勝次とダークホース、内山田洋とクール・ファイブなど数多くのムード歌謡グループが歌謡界をにぎわせていた。そんな中で男性がさながら女性歌手が歌うように甘く歌い大ヒットしたのがこの曲である。何もかも右肩上がりに疲れ始めた時代がこのやさしさを求めていたのかもしれない。

 七色の虹が 消えてしまったの
 シャボン玉のような あたしの涙
 あなただけが いきがいなの
 忘れられない
 ラブユー ラブユー 涙の東京

 いつまでもあたし めそめそしないわ
 シャボン玉のような 明るい涙
 明日からは あなたなしで
 生きてゆくのね
 ラブユー ラブユー 涙の東京

 幸せの星を きっとみつけるの
 シャボン玉のような 夢見る涙
 お馬鹿さんね あなただけを
 信じたあたし
 ラブユー ラブユー 涙の東京
 涙の東京 (*1)


が、この歌をあらためて聴いてみれば、まるで現在の世相そのままを歌っているようではないか。昭和の時代、明日の幸福を夢見て身を粉にして働き、ようやくたどりついたささやかな幸せ、平成の世になってみればバブルが崩壊し、その結果やって来た話すこともバカバカしい低金利時代。長く続く不景気で子は自立できず、老いてもなおすねをかじられ、まとまった虎の子の退職金は毎年減るばかりである。さらに、今年に入っては年寄りの長寿を願ってとは言葉ばかりの後期高齢者医療制度、さらに追い討ちをかけるガソリンをはじめとした生活物資の値上がり。

高度成長経済只中のこの年に歌われた加山雄三の
 幸せだなあ
 僕は君といる時が
 一番幸せなんだ
 僕は死ぬまで
 君を離さないぞ
 いいだろう?」(*2)
とはまったく正反対の世の中になってしまった。

あの時代、「きみといつまでも」が時代の光を映したことに対して、「ラブユー東京」は影を映した。時代には常に光と影が同居する。が、この現在には光がまるでない。幸せの星は見つかるのであろうか。必ずや見つかると信じるほかはないが、はたしていつになるのか見当もつかない。これから来年にかけてさらに不景気が訪れそうな気配さえある。わずかばかりの年金でせめて「 お馬鹿さんね あなただけを 信じたあたし」とならぬとだけ信じたい。そうでなければ、人の晩年としてはあまりに淋しい。

(*1)「ラブユー東京」歌詞より転載

(*2)「きみといつまでも」歌詞より転載

[この年流行った歌]
星影のワルツ(千昌夫)
唐獅子牡丹(高倉健)
いい湯だな(デューク・エイセス)
骨まで愛して(城卓也)
柳ヶ瀬ブルース(美川憲一)
お嫁においで(加山雄三)
星のフラメンコ(西郷輝彦)
バラが咲いた(マイク真木)
悲しい酒(美空ひばり)
空に星があるように(荒木一郎)
ベットで煙草を吸わないで(沢たまき)[
絶唱(舟木一夫)
夢は夜ひらく(園まり)
二人の銀座(山内賢・和泉雅子)
ほんきかしら(島倉千代子)
いつまでもいつまでも(ザ・サベージ)
こまっちゃうナ(山本リンダ)
霧氷(橋幸夫)
霧の摩周湖(布施明)
いっぽんどっこの唄(都はるみ)
若者たち(ザ・ブロードサイド・フォー)
今日の日はさようなら(森山良子)
戦争は知らない(ザ・フォーク・クルセーダーズ)
夕日が泣いている(スパイダーズ)
想い出の渚(ザ・ワイルド・ワンズ)

主な出来事 − (昭和41年)(1966)
1-15 椎名悦三郎外相、外相として初の訪ソ。
1-18 早大生、授業料値上げ反対ストを実施。
1-19 インド首相にインデラ・ガンジー選出。
1-29 戦後初の赤字国債を発行。
2-4 全日空機、着陸直前に東京湾に墜落。(死者133人)
2-15 ホー・チ・ミン、北爆無条件停止を話し合いの条件とする旨、米大統領親書に返書。
3-4 カナダ航空機、羽田空港防波堤に激突。(死者64人)
3-5 BOAC機、富士山麓に墜落。(死者124人)
3-31 日本の人口が1億人を突破。
4-20 日産自動車、プリンス自動車が合併契約調印。
4-26 公労協、交通運輸共闘統一スト。(私鉄大手10社、24時間スト、国労、動労、全自交時限スト)
5-2 UPI通信のカメラマン沢田教一氏がベトナム戦争報道でピュリッツァー賞を受賞。
6-25 国民祝日法改正公布。敬老の日、体育の日を制定。(建国記念日は6カ月以内に政令で制定)
6-29 米軍機、ハノイ・ハイフォン郊外を爆撃。
6-30 ビートルズ、日本武道館で公演。
7-4 政府、新東京国際空港建設地を成田市三里塚に決定。
8-5 虎ノ門国有地払い下げ問題で田中彰治代議士が東京地検に逮捕される。この年11月に開かれた臨時国会は黒い霧国会と呼ばれた。
8-18 北京で文化大革命祝賀の紅衛兵100万人集会。
9-3 自分の子供を使った「当たり屋」夫婦、大阪で逮捕。
9-5 世界最大のタンカー「出光丸」進水。
9-25 台風26号、東海地方に上陸、死者・行方不明者は170名以上となる。
10-1 東京・大阪両証券取引所、戦後初めて国債を上場。
10-19 日本学術会議、建国記念日を2月11日とするのは不適当と結論。
10-29 戦争中の政府接収ダイヤが売り出され、買い手が殺到する。
11-16 中国共産党、地方紅衛兵の上京を禁止。
11-24 明大学生会、授業料値上げ反対スト。
12-3 中国共産党、地方紅衛兵の帰郷を命令。
12-9 中大学生自治会、学生会館の管理運営で授業放棄。
12-31 交通事故死が年間1万3904人となり過去最悪記録。


TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


  Copyright:(C) 2004 Sokai-Club.net. All Rights Reserved.