TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


爽快倶楽部編集部


第四十二回 唐獅子牡丹 (昭和40年)
作詞:水城一狼、矢野 亮  作曲:水城一狼  歌:高倉健

ご存知、 「昭和残侠伝」の主題歌である。高倉健扮する主人公花田秀次郎が理不尽な悪を見事にたたっ切る痛快娯楽任侠劇であった。着流し健さんが、我慢に我慢を重ねた末に、単身悪の本拠に長ドス一本をさげて歩み始める。そこに兄弟分池辺良が姿を表す。そのときに流れるのがこの歌である。人々はその姿に、それまで鬱積していた心を一気に爆発させ大喝采を送る。

「義理と人情を 秤にかけりゃ
義理が重たい 男の世界
幼なじみの 観音様にゃ
俺の心は お見通し
背中で吠えてる 唐獅子牡丹


親の意見を 承知ですねて
曲りくねった 六区の風よ
つもり重ねた 不幸のかずを
何と詫びよか おふくろに
背中で泣いてる 唐獅子牡丹


おぼろ月でも 隅田の水に
昔ながらの 濁らぬ光り
やがて夜明けの 来るそれまでは
意地でささえる 夢ひとつ
背中で呼んでる 唐獅子牡丹」*

その喝采は、映画の中の筋だけぬむけられたのではない。その時代の抱えたあらゆる理不尽、不合理に対する怒りを鎮める正義の刃への喝采である。無法を正すのに自らもまた無法の徒となるしかない。歌は、単なる歌を超えて、死を覚悟したものの許しのための念仏であり、悪に先立って倒れた者への鎮魂歌として存在する。それゆえにこそ人々はこの歌に共鳴し、まるで酔いしれるように聞き入るのである。

世は変わって平成の時代となった。が、この時代においても変わらずの理不尽がある。働いても働いても楽にならない暮らし。わずかばかりの年金から有無を言わせず天引きされる保険料。世のため国のために一生働き続けて、その挙句に打ち捨てられようとしている老いの人生。いったいどこに道理があるのか。戦後、これほどまでに人々の怨嗟が深く大きくなった時代はなかろう。

世の悪を正す「唐獅子牡丹」の再登場を、人々は待っている、そんな気がするのである。

*「唐獅子牡丹」歌詞より転載

[この年流行った歌]
砂にきえた涙(ミーナ)
女心の唄(バーブ佐竹)
まつの木小唄(二宮ゆき子)
夏の日の想い出(日野てる子)
さよならはダンスの後に(倍賞千恵子)
北国の街(舟木一夫)
兄弟仁義(北島三郎)
二人の世界(石原裕次郎)
妻を恋うる唄(フランク永井)
ねむの木の子守唄(吉永小百合
新聞少年(山田太郎)
かえろかな(北島三郎)
愛して愛して愛しちゃったのよ(田代美代子)
明日は咲こう花咲こう(吉永小百合、三田明)(6月発売)
女ひとり(デューク・エイセス)
赤いグラス(アイ・ジョージ、志摩ちなみ)
馬鹿っちょ出船(都はるみ)
星娘(西郷輝彦)
下町育ち(笹みどり)
恋心(岸洋子)
涙の連絡船(都はるみ)
ごめんねジロー(奥村チヨ)
涙くんさようなら(マヒナ・スターズ)
函館の女(北島三郎
君といつまでも(加山雄三)
知りたくないの(菅原洋一)

主な出来事 − (昭和40年)
1-11 伊豆大島で大火発生。340戸が全焼。
1-11 東京で二歩印日本初」のスモッグ警報が発令される。
1-17 朝日、毎日、読売、第1、3日曜夕刊廃止。
1-18 愛知県犬山市に「明治村」開設。
1-26 巨人軍、長嶋茂雄が東京五輪のコンパニオン西村亜希子と結婚。
2-7 米軍、北ベトナム爆撃開始。
2-16 都バスがワンマンカーの運転を開始。
2-17 椎名外相が訪韓し日韓基本条約に仮調印。
2-22 北海道夕張市の北海道炭鉱汽船・夕張鉱業所の炭鉱でガス爆発が発生、61人が死亡
2-28 日本テレビでエド・サリバンショーを放送開始。
3-6 山陽特殊製鋼が総額540億円余りの負債をかかえ、会社更生法の適用を申請し戦後最大の倒産となる。
3-10 富士山頂に気象レーダーが完成する。
3-18 愛知県犬山市に明治村が開村。
4- 警視庁に機動捜査隊発足。
4-1 日本国内航空が初の国産旅客機YS11を就航。
4-9 TBSでザ・ガードマン放送開始。
4-24 アメリカの北爆に反対する小田実らがベ平連を結成。
5-18 ファイティング原田がンボクシング・バンタム級世界選手権を獲得。
5-22 東京農大ワンダーフォーゲル部で登山訓練中のシゴキにより新入生1名が死亡。
5-28 田中角栄蔵相、山一証券に無制限無期日の日銀特別融資を発表。
6-1 福岡県稲築町山野炭鉱でガス爆発が起こり、作業中の237人が死亡、279人が重軽傷を負った。
6-2 新東京国際空港公団法公布。
6-6 日本サッカー・リーグが発足。
6- 東京都江東区「夢の島」にハエが大量発生。
6-1 東海道新幹線で列車公衆電話サービスが始まる。
6-11 日本テレビで0011ナポレオン・ソロ放送開始。
6-12 家永三郎博士、教科書検定は違憲と国を提訴する。
6-22 日韓基本条約が東京で調印。
7-1 名神高速道路が全線開通。
7-4 吉展ちゃん事件の被疑者、小原保を逮捕される。翌日自供により都内の円通寺の墓の下から吉展ちゃんの遺体が発見される。
7-14 参議員選選挙の小林章派選挙違反事件で、専売公社職員約100人が逮捕される。
7-27 静岡県登呂遺跡で弥生時代と思われる水田跡が発見される。
8-3 長野県松代町で群発地震が発生、以後67年まで多発する。。
8-19 佐藤首相、首相として戦後初めて沖縄を訪問。
8-21 東京上野の東京国立博物館でツタンカーメン展が開催され、期間中に100万人以上が入場した。
9-24 国鉄が「みどりの窓口」を開設。
10-1 完成乗用車の輸入自由化実施。
10-3 根上淳とペギー葉山が結婚。
10-21 朝永振一郎、ノーベル物理学賞。
10-24 日本テレビ、青春とは何だ放送開始。
11-1 東海道新幹線「ひかり」が東京−大阪間を3時間10分で走る。
11-8 日本テレビ、11PM放送開始。
11-17 第1回プロ野球新人ドラフト会議が開催され巨人軍が堀内恒夫を獲得。この年より巨人のV9が始まる。
11-19 戦後初の赤字国債発行を閣議決定。
11-30 皇太子妃美智子様が次男を出産。12月6日、文仁と名付けられ、称号は礼宮。
12-10 日本、国連安保理の非常任理事国に当選する。
12-26 シンザンが皐月賞、ダービー、菊花賞、天皇賞についで有馬記念を制し、史上初の五冠馬となる。


TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


  Copyright:(C) 2004 Sokai-Club.net. All Rights Reserved.