TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


爽快倶楽部編集部


第三十一回 いい日旅立ち(昭和53年) (1978年)
作詞・作曲:谷村新司  歌:山口百恵

 日本国有手鉄道が分割民営化されJRとなる前の多額の赤字負債に苦しんでいた時代の話である。当時国鉄は大幅な運賃・料金値上げを実施し旅客が急減しており、1977年1月から開始された「一枚のキップから」のキャンペーンでも旅客の増加は芳しくなかった時、これに変わるキャンペーンとして「いい日旅立ち」がスタートした。このキャンペーンソングを歌ったのが山口百恵である。
 当時、桜田淳子、森昌子と並んでアイドル歌手としてデビューいた彼女は、1974年、ひと夏の経験が大ヒット、NHK紅白歌合戦出場し、その後引退する80年前年にいたるまで連続出場を果たす。この間、夏ひらく青春、横須賀ストーリー、赤い衝撃、夢先案内人、イミテイション・ゴールド、秋桜、乙女座宮、プレイバックPart2、美・サイレント、しなやかに歌って、ロックンロール・ウィドウ、さよならの向う側など多くのヒット曲を放った。

 特に、76年の横須賀ストーリーあたりからは、単なるアイドル歌手を脱皮し、その容姿、年齢を越えた大人びた歌唱力から各分野からも注目され、評論家の平岡正明が「山口百恵は菩薩である」という著書は発表されるなど、多くの文化人に現代を象徴するスターとして語られ、一つの文化現象、社会現象ともなった。

 雪解け間近の 北の空に向い
 過ぎ去りし日々の夢を 叫ぶとき
 帰らぬ人たち 熱い胸をよぎる
 せめて今日から一人きり 旅に出る
 ああ 日本のどこかに
 私を待ってる 人がいる
 いい日旅立ち 夕焼を探しに
 母の背中で聞いた 歌を道連れに

 岬のはずれに 少年は魚釣り
 青いススキの小道を 帰るのか
 私は今から 思い出を作るため
 砂に枯木で書くつもり さよならと
 ああ 日本のどこかに
 私を待ってる 人がいる
 いい日旅立ち ひつじ雲を探しに
 父が教えてくれた 歌を道連れに

 ああ 日本のどこかに
 私を待ってる 人がいる
 いい日旅立ち 幸せを探しに
 子供の頃に歌った 歌を道連れに(*)

 この歌は、当時人気の絶頂にあったフォークグループ「アリス」のメンバー、谷村新司の作品である。彼には、彼の代表曲であり、アジアを中心として世界的大ヒットした「昴」がある。「いい日旅立ちは」にはその「昴」に共通する叙情性とドラマ性がある。日本全体が世界にとどろくエコノミックアニマルと化し、心の安らぎ、よりどころを見失いつつあったとき、70年代初頭の田中角栄列島改造論によって故郷の風景が急速に変えられて行くとき、日本の本来の原風景を見事に描き出している。若者たちは、その幻の原風景を求め列車に乗る。大人たちは、かって自分が育ち過ごした故郷の風景を思い描く。人生は旅である。そこには旅の道連れとして、故郷の風景があり、父や母がいる。そしていつか出会うであろうまだ見ぬ誰かがいる。
 この歌は、新しい日本の歌のスタンダードとして永く歌い継がれて行くに違いない。

[この年流行った歌]
カナダからの手紙(平尾昌晃・畑中葉子)
沈丁花(石川さゆり)
いとしのロビン・フッドさま(榊原郁恵)
微笑がえし(キャンディーズ)
夢追い酒(渥美二郎)
与作(北島三郎)
サウスポー(ピンク・レディー)
時間よ止まれ(矢沢永吉)
飛んでイスタンブール(庄野真代)
プレイバック Part2(山口百恵)
青葉城恋歌(さとう宗幸)
モンスター(ピンク・レディー)
勝手にシンドバッド(サザンオールスターズ)
夏のお嬢さん(榊原郁恵)
君のひとみは10000ボルト(アリス)
透明人間(ピンク・レディー)
ガンダーラ(ゴダイゴ)
みちづれ(牧村三枝子)

主な出来事 − (昭和53年) (1978年)
1-12 TBS系で「ザ・ベストテン」が司会、黒柳徹子、久米宏で放送開始。
1-19 1月19日付日本経済新聞に管理職からはずれたオフィスの窓際にデスクを構える中高年を窓際族と呼んだ。
3-3 日米犯罪人引渡し条約全面改正調印。
2-18 「嫌煙権確立をめざす人びとの会」結成。
3-9 長谷川恒夫、アイガー北壁冬季単独登頂。
4-30 植村直巳が世界初の単独北極点到達。
5-11 国鉄が、「いい日旅立ち」のキャンペーンを開始。
5-20 新東京国際空港(成田空港)が、開港した
6- 東京・池袋の飲食店員・田口八重子(23)が行方不明となる。
6-3 フジテレビ系で「白い巨塔」放送開始・主演、田宮二郎。
6-12 宮城県沖で地震が発生、マグニチュード7.5、死者27人。
7- 福井県小浜市の海岸で、地村保志(23)と浜本富貴恵(23)が行方不明となる。
新潟県柏崎市の海岸で、蓮池薫(20)、奥土祐木子(22)が行方不明となる。
7-4 関東甲信越、梅雨明け。
7-5 農林省が農林水産省と改称。
7-19 来栖統幕議長が、記者会見で緊急時の自衛隊の超法規行動はあり得ると発言。
7-25 イギリスで世界初の体外受精児誕生。
8- 鹿児島県吹上町の海岸で、市川修一(23)、会社員・増元るみ子(24)が行方不明となる。
8-15 福田首相、内閣総理大臣と記帳し靖国神社参拝。
9-18 八重洲ブックセンター開店。
9-19 稲荷山古墳出土の鉄剣に115文字があるのを確認。
10-17 靖国神社が、A級戦犯14人を合祀。
10-22 中国、ケ小平副首相来日、-23 日中平和有効条約批准書交換式。
11-6 東京・上野の結婚式場の食事が原因とみられるコレラの感染患者発生。
11-10 美空ひばり、紅白歌合戦出場を辞退。
11-21 野球ドラフト会議の前日、巨人は江川とドラフト外の選手契約を交し、会議の前日は拘束されない「空白の1日」と呼ばれた。
12-1 自民党、大平総裁を選出。
12-28 俳優・田宮二郎が、東京・元麻布の自宅で猟銃自殺。


TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


  Copyright:(C) 2004 Sokai-Club.net. All Rights Reserved.