TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


爽快倶楽部編集部


第三十回 浪花節だよ人生は(昭和59年) (1984年)
作詩 藤田まさと  作曲 四方章人  歌:細川たかし

 この年、不思議な事件が起こった。いわゆる「かい人21面相」事件である。江崎グリコ社長が兵庫県西宮市の自宅で入浴中に誘拐され、身代金10億円と金塊100キログラムを要求された。3月18日夜のことである。社長は3日後に監禁された倉庫から自力で無事脱出し、この事件はひとまず解決したように見えたが、その後も、犯人はグリコ本社へのいやがらせを続けが、6月に入って、犯人は「終結宣言」を報道機関に送付した。落ち着いたかに見えたこの事件、9月12日にはを森永製菓を脅迫、1億円を要求、さらにはハウス食品に大しても脅迫状が送りつけられた。脅迫文は大阪弁で書かれており有力な手がかりとなると思えたが、その後も犯人は捕まらず迷宮入りとなった。
 これに先立って、1月26日、ある男の妻がロスアンゼルスで銃撃された事件を巡って週刊文春が「疑惑の銃弾」連載開始した。いわゆる「ロス疑惑」としてテレビ報道にもとりあげられ、この事件により男には保険会社から1億5500万円が支払われた事実が報道されるや、巷間にはにわかに保険金めあての犯行との推理がはびこった。人々の心には何が真実で何が真実ではないのか、事実が漠然とした闇にの中に隠されていることへの漠たる不安があった。翌年10月、男が犯行否認のまま逮捕、起訴され2001年1月まで宮城刑務所に服役、出所した。一方当事者である夫妻の銃撃事件では、2003年、最高裁で無罪判決が出た。これもまた不思議な事件であった。

 細川たかしによるこの歌が大ヒットしたのはそんな年である。

1 飲めと言われて 素直に飲んだ
  肩を抱かれて その気になった
  馬鹿な出逢いが 利口に化けて
  よせばいいのに 一目惚れ
  浪花節だよ 女の女の人生は


2 嘘は誰れかが 教えてくれる
  恋も誰れかが 見つけてくれる
  そんな誰れかに 振り廻されて
  消えた女が またひとり
  浪花節だよ 女の女の人生は


3 咲いて萎んで 捨てられました
  逢って別れて 諦めました
  人の情けに つかまりながら
  折れた情けの 枝で死ぬ
  浪花節だよ 女の女の人生は

 調子のよいリズムにのって歌は歌われる。だが、どこかに醒めたともいうべき虚無感がある。漠たる不安の中にいる時代を象徴しているかのようでもある。

 「逢って別れて 諦めました
  人の情けに つかまりながら
  折れた情けの 枝で死ぬ」

 この暗い情念は何であろう?曲調が明るければ明るいほど心の底に広がる空しさはより深くなる。人は誰でも自らをだましながら世間と折り合いをつけ生きていかねばならぬのかもしれない。

 「浪花節だよ 女の女の人生は」

 この怨嗟の言葉、今の時代にもきっとどこかで囁かれているにちがいない。が、そう言いながらも次の一瞬には新たな道を歩み始める人々の姿が見える。いつの世も、われらの時代である。

(*)「浪花節だよ人生は」歌詞より転載。

[この年流行った歌]
涙のリクエスト(チェッカーズ)
娘よ(芦屋雁之助
長良川艶歌(五木ひろし)
桃色吐息(高橋真梨子)
雨音はショパンの調べ
ケジメなさい
ピンクのモーツァルト(松田聖子)
いっそセレナーデ(井上陽水)
飾りじゃないのよ涙は(中森明菜)
俺ら東京さ行くだ(吉幾三)

主な出来事 − (昭和59年) (1984年)
1-5 中曽根首相が靖国神社に新春参拝。首相として戦後初。
1-9 東京証券取引所一部のダウ平均株価が1万円を突破した。
1-17 ロッキード事件被告、児玉誉士夫死去。
1-19 関東〜九州の太平洋側の各地に15年ぶりの大雪。
1-18 福岡県三井三池鉱業所有明鉱内火災。83人死亡、16人重軽症。
1-26 中曽根首相が自民党第43回大会で「戦後政治の総決算」を表明。
1-26 週刊文春が「疑惑の銃弾」(いわゆるロス疑惑)連載開始。
2-8 サラエボ冬季オリンピック開催。2月8日〜19日
2-12 植村直巳、北米のマッキンリー冬季単独登頂に成功(世界初)、その後消息を絶つ。
2-13 サッカー釜本邦茂選手引退表明。
3-5 都はるみが「普通のおばさんとし、一生懸命生きていきたい」と引退宣言。
3-16 福岡高裁、カネミ油症事件で国の責任を認める判決。
3-18 グリコ・森永事件。
4-1 三陸鉄道が営業開始。
4-6 国立文楽劇場開場。
4-10 長谷川一夫、植村直巳に国民栄誉賞。
5-12 NHK衛星放送の試験放送を開始。
6-26 熊本名産のからしれんこんによるポツリヌス菌中毒で11人死亡。
7-1 総理府と行政管理庁統合、総務庁発足。
7-3 夏目雅子と伊集院静が婚約を発表
8-24 警視庁、中江滋樹主催の「投資ジャーナル」グループを証券取引法で摘発。
9-14 長野県西部地震発生。死者、行方不明29人。
9-19 永田町自民党本部、放火により火災。
9-26 中国とイギリスが香港返還に関する文書合意。
9-28 山下泰裕に国民栄誉賞。
10-1 健康保険法が改正、被用者保険の本人は治療費の一割を負担。
10-6 朝日新聞社と日劇の跡地に有楽町マリオンビルがオープン。
10-25 オーストラリアから贈られたコアラ6頭が到着。
10-31 インド、インディラ・ガンディー首相、護衛のシク教徒2名に暗殺される。
11-1 新札発行。一万円札(福沢諭吉)、五千円札(新渡戸稲造)、千円札(夏目漱石)。
12-25 電電公社民営化3法公布。


TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


  Copyright:(C) 2004 Sokai-Club.net. All Rights Reserved.