TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


爽快倶楽部編集部


第二十五回 梅と兵隊(昭和16年) (1941年)
南条歌美 作詞 倉若晴生 作曲 歌:田端義夫

 昭和16年、12月1日、御前会議で英米オランダに対する開戦が決定された。2日、山本五十六連合艦隊指令長官が「ニイタカヤマノボレ一二〇八」と発信、7日(日本時間8日)、米ハワイ沖に停泊していた機動部隊から爆撃機が真珠湾に攻撃をかけた。そして攻撃成功の暗号電「トラ・トラ・トラ(我奇襲に成功せり)」が発せられた。国内では、午前7時前に日本放送協会が臨時ニュースを発表する。
「大本営陸海軍部12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は今8日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」
この日より太平洋戦争が始まった。
12月16日、広島県の呉海軍工厰で戦艦大和が竣工、日本は戦争になだれ込んでいく。国民の生活すべてが、国力のすべてが戦争遂行に注がれる。後の南方諸島での玉砕、沖縄占領、都市大空襲、広島、長崎の原爆投下など誰も想像さえできなかった。多くの国民が神国日本の勝利を信じて疑わなかった。
 田端義夫の歌には、大利根月夜、島育ち、かえり船、十九の春、ふるさとの灯台など名曲が多いが、今回は「梅と兵隊」をとりたい。戦時中、多くの軍歌があった。だが、戦争体験者の多くがその歌に過酷な体験を想起すると聞く。この歌からは、単なる軍歌としての戦争を鼓舞するだけのものではない、人の心の優しさが聞こえる。田端義夫ならではのつやのある高音で歌われるとき、人々はつかの間の安らぎを得たであろうことは想像に難くない。


春まだ浅き 戦線の
古城にかおる 梅の花
せめて一輪 母上に
便りに秘めて 送ろじゃないか

覚悟をきめた 吾が身でも
梅が香むせぶ 春の夜は
戦忘れて ひとときを
語れば戦友よ 愉快じゃないか

明日出てゆく 戦線で
何れが華と 散ろうとも
武士の誉じゃ 白梅を
戦闘帽にさして 行こうじゃないか


戦争の中での死への覚悟、母への思い、そしてその時代に生きた者の諦観、これは、軍人のための軍歌ではない。町の商店主の、会社の勤労者の、ごくありふれた男たちの心情を歌ったものである。これほど胸に詰まる軍歌を、私は知らない。もはや戦争は遠い過去のものとなりつつある。だが、かって戦地で、この歌を歌いながら故郷を思った多くの兵がいたことを、そしてその多くが再び故郷の土を踏むことがなかったことを、この歌は教えてくれる、そんな気がする。

(*)「梅と兵隊」歌詞より転載。

[この年流行った歌]
めんこい仔馬(二葉あき子)
たき
里の秋
たなばたさま
船頭さん
のんき節(石田一松)

主な出来事 − (昭和16年) (1941年)
1-8 東条英機陸相が「戦陣訓」を全軍に示達。
1-16 全日本青少年団結成。
1-17 「ライオン」が「朝日軍」と改称し、外国語名の球団が姿を消す。
1-20 米屋の自由営業を廃止。
2-3 東京翼軍と金鯱軍が合併し8球団となる。
2-12 英国オックスフォード大学付属病院で、世界初のペニシリンの臨床実験に成功。
3-1 国民学校令公布。(4-1発足)
3-3 国家総動員法改正公布。
3-10 治安維持法改正交付。
4-1 6大都市で米穀配給通帳制、外食券制実施。
4-13 日ソ中立条約調印。
5-6 スターリンが人民委員会議長に就任。
5-8 初の肉なし日実施。(月2日)
5-31 内務省検閲課が、「迷信暦」の発売を禁止。
6-4 中国重慶を日本軍機24機が繰り返し爆撃。
6-22 独軍、ソ連進入・独ソ戦が開始。
7-1 米国で民間テレビ放送開始。
全国の隣組、一斉に常会を開催。
7-2 御前会議、「情勢の推移に伴う帝国国策要綱」を決定。(対ソ戦準備、南進のため米英との戦争を辞せず)
大本営、関東軍特別演習を発動。
7-13 独、ゲーリングがハイドリヒにユダヤ人問題の「最終的解決」を要請。
7-21 文部省教学局「臣民の道」発刊。
7-28 日本軍、南部仏印に進駐。
8- 乗用車のガソリン使用80%規制。
8-1 米国、対日石油輸出を全面停止。
8-14 大西洋憲章発表。ルーズベルト・チャーチル共同宣言。
8-30 金属類回収令公布。
9-2 翼賛議員同盟成立。
10-2 ハル米国務長官、日米首脳会議拒否を通告。
10-16 近衛内閣が総辞職。
10-18 国際スパイ容疑で尾崎秀実が検挙、続いて在日ドイツ大使館顧問リヒヤルト・ゾルゲらが検挙される。
10-22 国民勤労報告協力令公布。
11-5 大本営、連合艦隊に対米英蘭作戦準備を命令。
11-8 米英軍北アフリカに上陸。
11-26 米政府、最後通牒となるハル・ノートを提示。すべてを満州事変前の状態に戻すことを要求。
12- 米国、原爆製造計画「マンハッタン計画開始」。
12-1 御前会議で英米オランダに開戦を決定。
12-6 独軍のモスクワ攻撃失敗。
12-8 日本帝国海軍機動部隊が米ハワイ真珠湾を攻撃
午前7時前に日本放送協会が臨時ニュースで「大本営陸海軍部12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は今8日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」と伝える。
新聞・ラジオの気象報道が禁止される。
12-10 マレー沖海戦、グァム島占領。
12-11 独伊が対米宣戦。
12-12 大本営情報局が「今次の対英米戦は、支那事変を含め大東亜戦争と呼称すと発表。
12-16 広島県の呉海軍工厰で戦艦大和が竣工。全長263メートル、幅36メートル、排水量6万9100トン
12-19 言論出版集会結社等臨時取締法公布。
12-25 香港全島占領。


TOP昭和歌謡曲 − あの時、あの歌


  Copyright:(C) 2004 Sokai-Club.net. All Rights Reserved.